知っておきたい上手な処世術とは

病院で働くナースは、いろいろな患者のお世話をしていき医師の指示に従いミスの許されない仕事をしています。これに加えてハードな仕事内容から辞めていく人も少なくありませんが、ある意味処世術を身に付けていけば、ストレスの感じ方も少しは変わってくることでしょう。まだまだ女性の多い職場でもあるので、上手な付き合い方をしていかなければいけないのです。
処世術として、患者やその家族への対応が一番に挙げられます。ときには文句を言われたり、セクハラ発言などをされる人もいるかもしれません。そんなことをされたら、頭にくるばかりか、お世話をしている立場なのに傷つきますよね。しかし患者も人間なので、病気との不安や痛みに負けてしまって辛く当たってくる人もいるのでそんな相手の気持ちを少しは察することも大事です。その上で、耳障りな言葉や態度はすぐに受け流していきましょう。無理な要望をされたとしても、相手を怒らせずに丁寧に断っていきましょう。
また、ナース同士の人間関係に悩んでいる人も多いようです。仕事柄どうしても厳しくなってしまうので、その中で馴染めない人も出てくるかもしれません。そういう場合は孤立せずに、協調を意識しながら連帯感を保つことです。ナースはチームプレイとして活躍していく職場なので、孤立してしまっては仕事が上手くできません。ときには頼れる人に相談したり、明るく接していくことも立派な処世術です。こういった状況は、だいたいどこの職場に行っても同じようなことなので、ストレスに負けない対応で臨機応変に仕事をこなしていくようにしましょう。処世術についてはこちらを見てもらうといいかもしれませんね。>>>ナースの処世術講座<<<


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です