新人ナースの処世術とは

どんな仕事にも処世術はありますが、仕事環境が特殊な職業には独自の処世術があったりします。
女性が9割以上を占める現場で、患者の命を預かる仕事のナースにも他の仕事とは違った処世術が存在します。長く仕事を続けていく上で絶対に欠かせないのが、コミュニケーション能力です。患者とはもちろん、同僚や先輩ともうまく付き合っていかないと連携が上手くいきません。それでも最初の内は緊張や焦る気持ちが勝ってしまうので、なかなか上手く行かないものです。なので、まずは焦らないことが重要です。新人の時は教えてもらっている立場であることを自覚し、その立場を活用して色々と聞いてみましょう。もし意思の疎通が上手くいかないときは、どうせダメなんだと諦めず、どうして伝わらなかったのかを考えてみましょう。ここをうまく乗り越えられなければ、この先も会話に支障が出てきてしまいます。
どうしても緊張してしまうのなら、話しやすい同僚を見つけて少しずつ輪を広げていくようにしてみましょう。最終的には病院内の全員と上手に会話ができるようになる必要があるので、長い道のりになることを覚悟して、ゆっくりと進むことが大事です。コミュニケーション能力で参考になるのが、男性の看護師です。感覚の違う異性に囲まれていながらうまく立ち回れる男性看護師は、女性が持っていない考え方をしながら周りとの関係を上手く築いていたりするものです。いきなり男性と親しくなろうとすれば周りから陰で批判を受けてしまいますので、遠目に見ながら態度や言動を盗んで参考にしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です