先輩ナースとの付き合いかたとは

看護の分野で仕事を続けるためには、看護技術にとどまらず処世術を身につける必要があります。
たとえ高い技術力を持っていたとしても、周りの人たちとうまく付き合っていける実力がなければ、仕事を続けていくのは難しくなります。多くの医療スタッフが在籍する病院で働くナースは、特に処世術に長けていなくてはいけません。
ナースにとっての処世術で最も重要なポイントは、先輩や上司とうまく付き合うことです。先輩や上司の看護師は、職場で強い発言力を持っています。まずは彼らに認めてもらえなければ、職場での仕事にも支障をきたします。そこで看護の仕事中にも、先輩や上司との接し方を常に意識していきましょう。例えば仕事中には、先輩看護師から多く指示が与えられると思います。与えられた指示を的確に理解し、また疑問点があれば率直に尋ねるのが効果的です。先輩たちも、物覚えがよく真摯に仕事に向き合う後輩の看護師には期待を持ちます。
また、先輩の看護師とは一対一で話し合う機会を持つことも効果的です。職場では厳しい態度を持つ先輩も、プライベートでは意外と優しい面を持つ場合が多いようです。職場以外でもコミュニケーションを取り互いに理解を深めると、職場での連携度がアップします。さらに職場の中には、苦手とする先輩もいると思います。しかし、そのような人ともうまく付き合うよう努めるのが、ナースにとって重要な処世術になるのです。苦手としている先輩こそ、看護師として成長するための助けになるケースも多いので、頑張っていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です